【参加者募集中】2017年フィリピン・スタディツアー:カパティ・フィリピンの子どもたちの自立を支援するNGO

お問い合わせ
メンバー用連絡先変更届

  • トップへ
  • カパティの概要
  • お知らせ
  • カパティの活動
  • カパティを支援するには
  • メンバー用ページ

カパティのブログ
スタディツアー参加者が撮影した写真

グローバルフェスタ JAPAN 2012の際、当会のフォトコンテストで1位に輝いた写真(2012年フィリピン体験学習旅行参加者撮影)

《カパティの活動》

スタディツアー

カパティでは、年1回のスタディツアー「フィリピン体験学習旅行」を行っています。

スタディツアー「フィリピン体験学習旅行」は、カパティの原点です。

カパティのスタディツアーは、1983年に始まりました。以来、学生を中心に400名以上が参加しています。
それぞれが、現地での体験から、何か自分たちにできることは…という思いから、カパティの活動がスタートしています。
スタディツアーは、本会の原点であり、世代を越えてメンバーを繋ぐ共有体験となっています。

幅広いアクティビティーの独自プログラムと参加者同士でのシェアリング

毎年2月から約10日間の日程で、パヤタス(ゴミの山)、マザーテレサホーム、ストリートチルドレン支援センター等、セブ、マニラを中心に様々な貧困の中で暮らす人々を訪ねるとともに、スラムでのホームステイも体験し、彼等の抱える問題等を分かち合います。
また、より深い学びや、気付きを得ることができるよう、参加者同士が感じたこと、考えたことなどをシェアリングする機会も設けられています。

帰国後は、報告会や交流会、リピーターツアー(一度体験学習旅行に参加した人々を中心に、さらに専門的に現地でボランティア活動を行うためのツアー)を行うなど、常に問題意識を持つような諸活動が準備されています。

毎年、秋頃から参加者募集を開始しています

毎年、秋頃から、参加者募集を開始しています。
旅行説明会なども随時開催しますので、ご興味のある方は、「お問い合わせ」より、お気軽に旅行担当者までお問い合わせください。

※参考情報:2013年フィリピン体験学習旅行のご案内(終了しました)
※沖縄体験学習旅行は、活動内容の見直しにより、一旦終了させていただきました。